TEL 04-2957-3141
FAX 04-2950-1010
 

いじめ防止基本方針


本校の「いじめの防止等のための
基本的な方針
」を掲載します。


 

学校自己評価システムシート

平成29年度、埼玉県教育委員会が委嘱する
県立学校評価委員(外部有識者)による
第三者評価が行われ、本校の学校自己評価システムに
対する取組が「優れた取組」として評価されました。
その取組内容については、下記URLから閲覧できます。
http://www.pref.saitama.lg.jp/f2207/gakkou-hyouka/documents/29suguretatorikumi.pdf

県立学校の第三者評価についての説明は
下記のURLで御確認できます。
http://www.pref.saitama.lg.jp/
f2207/gakkou-hyouka/houkokusho29.html


本校の学校自己評価システムシートは
年度別で以下になります。

平成29年度学校自己評価
システムシート(最終).pdf


2016年学校自己評価シート(最終).pdf

2015年学校自己評価シート(最終).pdf


 

学校の活性化・特色化方針

 「魅力ある県立学校づくりの方針」に基づく
平成29年度からの狭山工業高等学校「学校の
活性化・特色化方針」です。
 学校の特色や入学した生徒を卒業までに
どのように育成するかを本校ホームページで
公表させていただきます。

狭山工業高校の活性化・特色化方針.pdf

狭山工業高校生徒の成長物語.pdf
 

教科書選定理由書

平成29年度使用教科書選定理由書について
H28#H29使用教科書選定理由書
(様式1_選定方針).pdf
 

専門高校紹介ポスター

専門学科は特色豊富!

ポスターのダウンロードは
下をクリックしてください
専門高校ポスター.pdf
 

QRコード



携帯電話会社との契約状況によっては、
パケット料金が発生します。
 

本校ホームページ・サイトポリシー

県立狭山工業高等学校ホームページ
(以下「本ホームページ」という。)は
県立狭山工業高等学校が運営しています。
以下の条件に同意の上、ご利用ください。

〇著作権について
・本ホームページにおけるすべての著作権は
 県立狭山工業高等学校に帰属します。
・私的使用など著作権法上認められた場合を
 除き、本ホームページの内容を無断で
 転載・引用することは禁止します。

〇個人情報の取り扱いについて
・本ホームページを通じて個人情報
 (住所、氏名、電話番号、
  E-mailアドレス等、特定の個人を
 識別できる情報)を収集するときには、
 収集の目的を明確にし、その目的に
 必要な範囲の情報を収集します。
・収集した個人情報は、「埼玉県個人情
 報保護条例」に基づき、適正に
 管理します。
 また、当該の目的以外では
 使用しません。

〇免責事項
・本ホームページに掲載されている情報の
 正確さには万全を期していますが、
 県立狭山工業高等学校は利用者が
 本ホームページの情報を用いて行う
 一切の行為について、一切の責任は
 負わないものとします。
・県立狭山工業高等学校は、利用者が
 本ホームページを利用したことにより
 発生した利用者の損害及び利用者が
 第三者に与えた損害については、
 一切の責任を負わないものとします。
 

サッカー部の紹介





「今後の活動予定」
 ※「サッカー部日誌」に今後は掲載していきます
「大会結果」
U-18リーグ 西部支部 3WBリーグ
U-16リーグ 西部支部 Bリーグ

H27年度 
・U-18リーグ3WAリーグ 4位
H28年度
・U-18リーグ3WBリーグ 5位(11.24現在) 
(7勝 1分 3敗)

「基本的な活動」
・月:オフ 火~金:練習(2~2,5h) 土日:練習試合or大会

「活動方針」

・県大会出場
・ジャイアントキリング(自分たちより強い相手にどう勝つか)
・サッカー部から学校を良くする。

「指導者」
                                       
                                                           森田 克也(もりた かつや)

                                        「出身校」  伊奈学園総合高校 → 国士舘大学 体育学部

                                       「指導経歴」南稜高校(コーチ)・浦和SC(コーチ) → 現在

                                  

                                                         
                                                                     池崎 遼(いけざき りょう)
 185cmの大きな体格と野球仕込みのトレーニング論を武器に、GK指導や選手の筋力トレーニングを担当。監督と選手の間に立つ、コーチの様な立場からチームを支える、チームになくてはならない存在。

 

日誌

サッカー部日誌
12345
2018/04/23new

Aチームである義務と責任

| by:サッカー部
4/21vs朝霞

「1試合目」       「2試合目」       「3試合目」
前半:0-0        前半:0-1       前半:0-2
後半:0-1        後半:0-0       後半:1-2
結果:0-1        結果:0-1       結果:1-4


4/22vs坂戸西

「1試合目」     「2試合目」     「3試合目」    「30分×1」
前半:0-1      前半:0-1     前半:0-1     0-2
後半:0-0      後半:0-2     後半:0-3 
結果:0-1      結果:0-3     結果:0-4


 総体前の最終調整。朝霞高校は前年度まで2Wで戦っていたチームで
部員も60人越え。坂戸西高校は今年度はWリーグで戦っているチーム
で部員は朝霞高校より更に多く、100人に近くいるチーム。
そんなどちらも格上のチーム、個々の能力も技術も11人全員が高い相手に
対して、確かに良く戦えている。B・Cチームはどうしても点差がひらいて
しまうが、組織だって戦えているAチームは大差になることなく、ゲームを
終えている。練習でやってきている「中盤のスピードアップ」「サイド攻撃」
「CK」「アタッキングサードの崩し」どれも試合で使えている。
決して悪くない。。。という思いがどこかにあるのではないでしょうか?
 県大会に本気でいくのであれば、この格上達を倒さなければならない。
いいゲームではダメ。勝ち切ることが必要です。後半ラスト10分。
絶対負けない。絶対1点取る。鬼気迫る表情でAチームには戦ってほしい。
 試合に出たくても出れない仲間がいる。毎日毎日夜の9時まで自主練しても
ベンチで見ている仲間が、ベンチにすら入れてない仲間がいる。そんなやつらの
気持ちも全部背負って、戦うのがAチームの義務であり責任です。
 誰もが納得して応援できる、そんなAチームになって下さい。 
09:35 | 投票する | 投票数(5) | スポーツ
2018/04/19

1年生本入部

| by:サッカー部
4/16日 11名の1年生がサッカー部の仲間に加わってくれました。
これでチームは37名。狭山工業の中では最大規模の集団となりました。

1年生には1日でも早く本当の意味でサッカー部員になって欲しいと思います。
「サッカー部から学校を良くする」
サッカー部員はこれをテーマに学校生活を送っています。
校則を守るのは当然、挨拶・体育・行事・テスト、できるできないは関係なく
積極的にやろうとするのがサッカー部です。何事も楽しむのがサッカー部員です。
そして再下級生=後輩としての振る舞いも覚えてください。
・先輩より先にグラウンドに来て、準備をする。
・練習や試合の準備や片付けは1年生が率先してやる
・先輩や先生方に「こんにちは」「お疲れさまでした」と挨拶をする。
これらをしっかり伝えるのは2年生の役目です。1年生ができないのは
2年生の指導不足。2年生が教えることを教えるのは3年生の役割。
2年生ができないのは3年生の指導力不足。
3年生ができないのは、先生たちの指導力不足です。
勇気を持って入部してきてくれた1年生。チーム全体で大切にしてあげましょう。

サッカー部4・5月予定.pdf
07:48 | 投票する | 投票数(7) | 連絡事項
2018/04/16

一戦一戦がラストゲーム

| by:サッカー部
U-18リーグ 1回戦
vs山村国際       vs川越西(B戦)    vs山村国際(B戦)
前半:0-0       0-1         2-2
後半:0-0
結果:0-0


 勝ち切れなかったゲーム。一戦一戦が3年生にとってはラストゲーム。
リーグ戦を通してきっとこのチームは色々な事を経験し、学び、選手権には
いいチームに成長していくと思います。
 ただ・・・・・それでいいのか?
リーグ戦でも結果を出したい。2W昇格をみんなで掴み取りたい。
そんな気持ちで今はいっぱいです。
 練習から練習試合から公式戦から逆算して取り組むこと。勝つための試合運び。
流れを掴むためのプレーの判断。今までやってきたことを大会でやる冷静さ。
 4月29日、総体1回戦まで残り2週間。
08:00 | 投票する | 投票数(2)
2018/04/09

敗戦から学ぶこと

| by:サッカー部
4/3 
vs所沢北         vs新座総合
前半:0-3        前半:0-1
後半:0-3        後半:1-1
結果:0-6        結果:1-2


4/7 vs川越初雁
「1試合目」      「2試合目」      「3本目」
前半:2-0       前半:0-2      2-0
後半:2-1       後半:2-2 
結果:4-1       結果:2-4


4/8vs飯能
「1試合目」       「2試合目」     「3本目」
前半:0-0        前半:1-1      2-0
後半:0-1        後半:0-0 
結果:0-1        結果:1-1

 春休み中、本当に沢山の試合を行い、いくつかの悔しい敗戦を経験
しました。アンプロ杯の蓮田松韻戦・4/3の所沢北戦・4/8の飯能戦。
この3つの敗戦からチームが学んだことは本当に大きかったと感じます。
 敗戦のたびに選手たちと一緒にサッカーについて本気で悩み、
それぞれが一生懸命自分の中で噛み砕き、そして成長してきました。
「限界かな?」正直、狭山工業の選手たちはよく頑張っている。
そう満足していまいそうでした。。。しかしこの春休みで今チームは
確かな手応えを感じています。まだまだ良くなれる。本当に今どんどん
選手がチームが成長していき、またここに新入生が入ったらどんな化学反応
が起こるのか。本当に楽しみです。    
18:00 | 投票する | 投票数(5) | スポーツ
2018/03/31

第2回アンプロ杯

| by:サッカー部
 昨年度から狭山工業主催で開催されている、Underpero SAITAMA 杯
通称アンプロ杯。第1回は8校で2日間で行いましたが、第2回の今回は
別のフェスティバルを吸収合併し、21校で4日間で開催しました。
西部地区だけでなく、東部地区や秩父、東京からも参加校がありました。
 様々なチームと勝ち点をかけて試合を行い、公式戦に匹敵する経験値を
チームは得ることができました。負けたのは優勝した蓮田松韻高校の一敗のみ。
結果は下位(2~4位ブロック)で優勝!という結果でした。
 なかなか勝てず、苦しんでいたチームが小さいながらも1つ結果を勝ち取り
自信と自分たちが成長しているという確信を得ることができました。
 選手としてだけでなく、4日間の大会運営を通して様々なことを経験すること
ができ、本当に有意義な大会になりました。
08:06 | 投票する | 投票数(10) | スポーツ
12345

カウンタ

COUNTER274930

狭山工業高校の緊急連絡掲示板

「現在、緊急に連絡する内容はありません。」
※学校HPが混み合っていて閲覧できない場合には
 下記のページにつながります。
https://sites.google.com/a/sayama-th.spec.ed.jp/info/home
 

部活動体験・学校説明会・体験入学情報

〇部活動体験の情報とお申し込みはこちらです。

〇学校説明会はこちらです。詳細をご覧いただけます

〇体験入学の情報はこちらから、ご覧いただけます
 ※現在、募集は終了いたしました。 
 

飲料水等自動販売機設置業者の公募について

決定しました。詳しくはこちらをご覧ください。
 

公開講座のお知らせ

公開講座のご案内はこちらから詳細をご覧いただけます。
 

埼玉県教育委員会の取り組み

クリックするとページに移動します。